Pick up artists

宮川慶子
写真情報:「わたしがあなたとわたしのためにお祈りしているとき」 2014年 / h58cm×w32cm×d15cm /  樹脂粘土 油彩 剥製 / photo by Masako Kakizaki

avex art agency projectよりアーティストのご紹介です。
 
アーティスト:宮川慶子
 
1991年生まれ、2016年に東京造形大学大学院造形研究科 美術研究領域 修了。
主な賞歴として、2014年 奈良美智氏が選ぶ若手作家選抜「プロジェクトPHASE2014」、2016年「MONSTER Exhibition 2016」最優秀賞。アートフェアへの出品、美術館での個展、グループ展、ワークショップ開催の実績を重ね、2020年12月に平塚市美術館にて個展「生命は自分自身だけでは完結できないようになっているらしい」を予定しています。
 
宮川の作品は、危ういほどに繊細です。そうして、同時に強力。誰よりも静かでいて、誰よりも頑固。繊細で静かであることは決して生ぬるい弱さではなく、他者を圧倒する力を持ち合わせています。宮川の作品に囲まれれば、声の大きいものばかりが注目される時代に、静かなものの持つ、したたかなエネルギーを感じることでしょう。
 
アーティストステートメント
 
「生」と「生」の営みにまつわる矛盾について。
「生」とは生命、聖、性を意味する。
「生きる」ことを無意識に私たち生命は実行する。
ヒトだけでなく、一見「生かされる」愛玩動物や家畜動物等の「生」が人間社会において、 どのような存在意義を持つかにも関心を向けている。 いずれも自身で生き延びる意思決定が出来ない弱き立場にあるものの、生きることに対する凛とした強さを持っている。 その限りにおいては「生きる」命へと移り変わる。 仏教経典の死生観を出発点とし、「生」の在り方に関する制作活動に取り組んでいる。
 
次回展示予告
展示名:「生命は自分自身だけでは完結できないようになっているらしい」
        ※期間中 アーティストトーク、ワークショップの開催。詳細は美術館ウェブをご覧ください。
会期:2020年12月12日(日)-2021年4月4日(日)
時間:9:30-17:00
休館日:月曜日(1月11日は開館)、1月12日、年末年始(12月28日-1月4日)
観覧料:無料
住所:平塚市美術館 〒254-0073神奈川県平塚市西八幡1-3-3
URL:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/

アート導入・イベント開催について、
お気軽にご相談ください。

CONTACT