News
2021.07.03 Sat

「JR水郡線駅舎アートコンペティション」作品完成

「JR水郡線駅舎アートコンペティション」の入選者、3名、照山麻衣、湯ノ迫史、橋本次郎の作品が完成。

 

7月3日(土)から半年に渡って常陸大子駅、袋田駅、上小川駅にて公開される。

茨城県大子町の丹念なリサーチにより制作された3作品が完成した。

作品公開に合わせて、スタンプラリー、SNS投稿キャンペーンが実施され、町の一体型のイベントとして実施される。

作品の全貌が見られる動画は後日公開。

<水郡線駅舎アートコンペティションとは?>

2019年の水害により被害を受けたJR水郡線、その駅舎を賑やかにし、人々の交流を促すアートを募集し、応募のあった中から審査を経て選定された3名のアーティストによる作品が、常陸大子駅・袋田駅・上小川駅の3駅で展示される。


主催:茨城県大子町
運営:エイベックス・ビジネス・ディベロップメント株式会社(avex art agency project)
協賛:JR東日本水戸支社⁡⁡

<展示期間>

2021年7月3日(土)~12月19日(日)

⁡⁡

<展示場所・展示アーティスト>

常陸大子駅・照山 麻衣「大子町ジオリボン」

袋田駅  ・湯ノ迫 史「袋田プラットホーム」

上小川駅 ・橋本 次郎「奥久慈ハーモニー」

 

アート導入・イベント開催について、
お気軽にご相談ください。

CONTACT